カメムシ共生菌の役割 −別れは奇形への道− 

共生菌なしで羽化したチャバネアオカメムシ成虫の特長
  1.体色が緑色→灰褐色
  2.盲嚢部 黄色→透明盲嚢中に細菌が存在しない。
  3.♂交尾期先端の把握器が奇形。交尾期基部の褐色部が透明。
  4.雌受精嚢の色が薄く、第2室が奇形。
  5.飛翔筋肉の発達が悪い。
  6.全ての器官が小型で弱体。

全体に色素形成機能の低下が顕著である。色素形成は尿酸サイクルに関連しているので、盲嚢に共生菌がいないことと直接の関連がある。生殖器の形態異常は全体的な栄養成分のアンバランスの結果であろう。

共生菌を除去されて発育したチャバネアオカメムシ 共生菌を除去されて発育したチャバネアオカメムシの交尾器