月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号28年7号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
ネグサレセンチュウとネコブセンチュウの多種同時検出・種判別法 串田篤彦
茶園におけるカブリダニ類の調査法 豊島真吾
抗ウイルス剤としてのアスコルビン酸(ビタミンC)誘導体の利用 志村華子
ヤノネカイガラムシのユズへの寄生 宮下裕司
透明容器を用いたダイズシストセンチュウ発生状況の簡易調査手法について 相場 聡
モモせん孔細菌病の抵抗性評価法の開発 末貞佑子
ナシ萎縮病の担子胞子による感染拡大について 金子洋平
ツマアカスズメバチの生態と農業被害 高橋稜一・高橋純一
沖縄県におけるマンゴー軸腐病の発生と果梗部熱処理法による防除 澤岻哲也
北海道におけるニラ白斑葉枯病菌の種構成とその季節間変動 三澤知央
防除の羅針盤
動物検疫,植物検疫における稲わらおよび分離菌の取扱いについて 松﨑 晃
イチゴのハダニ類防除における効果的な薬剤散布方法の検討とその普及活動について 佐藤麻耶子
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界⑮ 柏田雄三
up


最新号 第70巻第6号 平成28年6月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
平成28年度植物防疫事業・農薬安全対策の進め方について 農林水産省消費・安全局 植物防疫課,農産安全管理課 農薬対策室……1
平成28年度植物防疫研究課題の概要 農林水産省 農林水産技術会議事務局……7
航空法一部改正に伴う農林業用無人航空機の取り扱いについて 一般社団法人 農林水産航空協会……11
西南暖地のジャガイモ産地におけるそうか病菌の分布と低pH土壌中での菌の動態 西 八束……15
寄主に食害された植物が放出する揮発性物質に対する寄生蜂の特異的応答―単一化合物かブレンドか― 高林純示・仲島義貴・竹本裕之……20
イネ南方黒すじ萎縮病ウイルスの感染環 松倉 啓一郎……25
宮内イヨカンにおける樹冠流下雨水中のカンキツかいよう病の病原細菌量と発病との関係および銅水和剤を用いた春先の防除適期について 三好孝典・清水伸一……29
トマト黄化病の発生と防除対策 山城 都……36
伊豆諸島におけるヨツモンカメノコハムシの発生生態と防除対策 竹内浩二・大根田順子……41
エアアシスト式静電防除機の開発 吉永 慶太……47
防除の羅針盤
クリくん蒸におけるヨウ化メチル剤の安全使用 川上房男・相馬幸博・小松和夫……54
リレー連載
農薬製剤・施用技術の最新動向②農薬製剤の剤型~国際的な分類について~ 倉浪佑実子・渡辺高志……59
宮城県におけるイネ紋枯病の発生状況と効率的な防除体系 鈴木 智貴……66
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界(その14 「虫送り」の音楽) 柏田 雄三……71
新農薬の紹介
新規殺菌剤オキサチアピプロリンの特徴 久池井 豊……72
書評
『アザミウマ防除ハンドブック 診断フローチャート付』柴尾 学著 片山 晴喜……74
農林水産省プレスリリース(28.4.16~5.15) ……28
新しく登録された農薬(28.4.1~4.30) ……19,24
登録が失効した農薬(28.4.1~4.30) ……35
発生予察情報・特殊報(28.4.1~4.30) ……40
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up