月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号28年10号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
虫体を破砕しない簡易凍結DNA抽出法による粘着板から回収したタバココナジラミ成虫のトマト黄化葉巻ウィルス保毒虫検定 大西 純
難防除害虫ハスモンヨトウの分布地域における遺伝的差異の解明 畠山吉則
チャトゲコナジラミの天敵クロツヤテントウおよびシルベストリコバチに対する各種農薬の影響 小澤朗人
ジャガイモシストセンチュウ抵抗性遺伝子Heroを持つトマトとその特徴 植原健人
千葉県の秋冬ネギにおけるネギべと病防除支援情報システム「ネギべと病なび」の開発 横山とも子
セリの菌核病及び白絹病の発生と蒸気土壌消毒による防除 高橋智恵子
植物防疫基礎講座 植物病原菌の薬剤感受性検定マニュアル2016
(9)ウリ科作物つる枯病―QoI剤―(生物・培地・遺伝子検定) 折原紀子
(10)イチゴうどんこ病―フルチアニル―(生物検定) 木村 幸
(11)チャ輪斑病―QoI剤―(生物検定) 外側正之
(12)チャ輪斑病―QoI剤―(培地・遺伝子検定) 山田憲吾
防除の羅針盤
リレー連載:農薬製剤・施用技術の最新動向⑥ジャンボ剤 大河内武夫
MBTOCにおける臭化メチル代替技術による土壌消毒の基本的考え 楯谷昭夫
エッセイ
楽しい“虫音楽の世界”⑯ 柏田雄三
up


最新号 第70巻第9号 平成28年9月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
ナモグリバエの食害によるレタス腐敗病の発病助長および被害程度の品種間差異 小木曽秀紀・栗原 潤……1
キュウリ黄化えそ病抵抗性遺伝資源の検索と育種の現状 杉山 充啓……7
タマネギ収穫調製法が細菌性の鱗茎腐敗症の発生に及ぼす影響 三室元気・守川俊幸……12
果樹カメムシ類の卵寄生蜂―分類基盤の整備と利用への展望― 松尾 和典……19
ギフアブラバチの生態とジャガイモヒゲナガアブラムシに対する生物的防除資材としての利用法 太田 泉・武田光能……24
特定農薬(食酢,重曹)のウメ主要病害に対する防除効果 武田知明・沼口孝司・菱池政志……30
植物防疫基礎講座 植物病原菌の薬剤感受性検定マニュアル2016
(5)イネいもち病菌―QoI剤(培地検定法)― 鈴木啓史・川上 拓・黒田克利……35
(6)野菜類灰色かび病菌―SDHI剤(培地・生物検定法)― 鈴木啓史・辻 朋子・川上 拓・黒田克利……40
(7)野菜類灰色かび病―ピリベンカルブ(培地・生物・遺伝子検定)― 尾崎剛一・小野友慈……46
(8)ナスすすかび病―ボスカリド剤(培地・生物・遺伝子検定)― 岡田 知之……51
防除の羅針盤
総合的有害生物管理における生物防除資材の利用の現状と課題 国見 裕久……56
リレー連載
農薬製剤・施用技術の最新動向⑤土壌くん蒸剤~利用の現状と課題~ 小原 裕三……73
エッセイ
やじ馬昆虫撮影記 その5 17年ゼミに会う 野村 昌史……77
新農薬の紹介
ギフアブラバチ剤 山中 聡……78
書評
『天敵利用の基礎と実際 減農薬のための上手な使い方』根本 久・和田哲夫編著 矢野 栄二……80
農林水産省プレスリリース(28.7.12~8.15) ……11
新しく登録された農薬(28.7.1~7.31) ……18
登録が失効した農薬(28.7.1~7.31) ……29
発生予察情報・特殊報(28.7.1~7.31) ……34
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up