月刊植物防疫

次号予告

【目 次】
次号29年3号に予定されている掲載記事は次のとおりです。
施設内におけるトマト葉かび病の発生生態と発病評価 伊藤博祐
輪作等によるバーティシリウム病害の防除の可能性 池田健太郎
粘着トラップで採集されたコナガサンプルを利用した抵抗性遺伝子診断の可能性 上杉龍士
ナミハダニの薬剤感受性検定における簡易な接種法の開発 國本佳範
質量分析を用いたハダニの同定 梶原英之
アカメ®:アカメガシワクダアザミウマの生態とアザミウマ防除技術の開発 森 光太郎
イラクのクルド地域における核果類害虫としてのタマムシ類の生態 藤家 梓
植物防疫基礎講座 植物病原菌の薬剤感受性検定マニュアル2016
(14)ブドウべと病―CAA剤―(生物・遺伝子検定) 鈴木俊二
(14)ブドウべと病―QoI剤―(遺伝子検定) 鈴木俊二
(15)ブドウべと病―QoI剤―(生物検定) 綿打享子
(16)ブドウべと病―メタラキシル剤―(生物検定) 綿打享子
(17)ブドウべと病―QiI剤―(生物検定)シアゾファミド 阿部ゆずか・瀧井康子
防除の羅針盤
リレー連載:農薬の製剤・施用技術の最新動向⑪粒剤~その特徴と今後の展望~ 髙鳥尚彦
天敵保護装置「バンカーシート®」を用いた新たなIPM技術 髙嶋庸平
植物病害ブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除法の開発 後編「アメリカにおけるブドウ根頭がんしゅ病の発生実態~バージニア州を例として~」 川口 章
エッセイ
やじ馬撮影記 その8 野村昌史
up


最新号 第71巻第2号 平成29年2月号


クリックすると口絵がご覧いただけます
春作ジャガイモにおける無人ヘリ防除体系の実用性 中村 吉秀……1
プラントアクティベーターの探索研究の動向 能年 義輝……5
九州地域での飼料用トウモロコシ栽培と赤かび病によるかび毒汚染 川上 顕・笹谷孝英・加藤直樹・井上博喜・宮坂 篤……10
ポットを介したイチゴ萎黄病の伝染と防除対策 稲田 稔……14
タマネギ紅色根腐病―その発生と防除― 児玉不二雄・山名利一・前川健二郎・丹羽昌信……19
ダイズシストセンチュウの寄生性判別法 相場 聡……24
モモ圃場におけるカブリダニの植物餌資源の利用 園田昌司・山下 純・岸本英成……28
植物防疫基礎講座 植物病原菌の薬剤感受性検定マニュアル2016
(13)トマト葉かび病―QoI剤・ベンゾイミダゾール剤・ジエトフェンカルブ剤・SDHI剤・DMI剤― 渡辺 秀樹……35
防除の羅針盤
リレー連載:農薬を変えた農薬~開発ものがたり~⑨イソプロチオラン 大塚 隆……46
リレー連載
農薬製剤・施用技術の最新動向⑩水性製剤~その特徴と今後の展望~ 辻 孝三……52
植物病害ブドウ根頭がんしゅ病の生物的防除法の開発 前編「新規拮抗細菌ARK―1株の発見から研究,そして実用化に向けた展望」 川口 章……58
線虫研究の過去・現在・未来 その2 線虫害の変遷(前編) 水久保 隆之……64
エッセイ
楽しい“虫音楽”の世界(その18 鳴く虫を愛でるのは日本人だけ?) 柏田 雄三……70
農林水産省プレスリリース(28.12.12~29.1.15) ……51
新しく登録された農薬(28.12.1~12.31) ……18, 27
登録が失効した農薬(28.12.1~12.31) ……4, 13
発生予察情報・特殊報(28.12.1~12.31) ……9
up


バックナンバー

購読のご案内

単月号購読の場合 小誌は通常号の場合定価947円(消費税込み)です。最新号の発売は原則的に毎月1日ですが、祝日土曜日曜などの都合により変更になることがございます。小誌は書店には並びませんのでご購入下さる場合は、書店にご注文いただくか直接当協会出版担当にご注文下さい。
定期購読の場合
年間後払購読料 11,364円(税込・送料サービス)
年間前払割引購読料 10,800円(税込・送料サービス)
以上お問合せご注文は ・・・・・ 一般社団法人日本植物防疫協会 支援事業部出版担当
電話:03-5980-2183(午前9時から午後5時) FAX:03-5980-6753
●FAX用紙はこちら ●お申し込みフォームはこちら
up